洗面リフォーム,の基本

洗面リフォームについて

洗面所リフォーム
洗面所が多機能空間に

化粧室、脱衣室、洗面所には様々な機能が求められます。
その中心にあるのが洗面化粧台です。使いやすい空間作りをしましょう!

作業性
浴室リフォーム

リフトアップ式の水栓なら忙しい朝でも簡単にシャンプーができます。

浴室リフォーム

三面鏡ならお化粧のチェックも楽ラク!
ミラーの組み合わせで側面や背面の身だしなみもチェックができます!

かんたん清潔

清掃性
浴室リフォーム

シャワーホース付水栓ならばボールのすみずみまで洗い流せてお掃除が楽になります。色々な洗い物にも対応できます。

浴室リフォーム

水栓やレバーが壁出しタイプならば、水がかかりにくく、付け根の部分に水アカや黒ズミが溜まらず、いつも清潔でキレイです。

かんたん清潔
収納性
浴室リフォーム

三面鏡の裏には、収納できるスペースがあります。ついついカウンターの上に散乱していたものもスッキリ片付きます。

浴室リフォーム

洗面台下部の開き収納は、バケツ等のお掃除道具を入れるとすぐに一杯になってしまいますが。引き出し収納なら高さに合わせて2段に収納できるので収納力UPでとても便利です。

かんたん清潔
洗面リフォームの基礎知識

1.洗面化粧台のタイプ選び

スタンダートタイプ

スタンダートタイプ

ミラー部分と水洗ボール部分を組み合わせてレイアウトします。もちろん商品によっては吊戸棚やサイドキャビネットも取り付けることができます。

システムタイプ

システムタイプ

水栓金具やカウンター、キャビネット、ミラーなど様々なパーツを自由に組み合わせることができます。収納をスペースいっぱいに使いたい方にはとってもスタイリッシュで便利です。

2.物に合わせて収納スペースを確保!

洗面台収納 洗面室は一般的に0.5〜1.25坪という限られたスペースとなっています。室内に新たな収納スペースを設けることは難しいため、洗面化粧台に収納機能が求められます。 衣類・タオル・洗剤・掃除道具等、様々なものを収納する必要があります。家族構成に合わせて「何を」「どれくらい」収納できればよいかを考えて選びましょう。
3.開口、奥行き高さをしっかりチェック!
収納上手 収納が必要でも奥行きのある化粧台が良いとは限りません。引き出しは開けられるか、中のものは取りやすいか?上の吊戸棚に手は届くのか?洗面室の間取りに適したサイズの洗面化粧台を選びましょう。
4.用途に合わせて洗面化粧台を選びましょう

家族構成、お住まいの収納箇所などを考えよりお住まいに合った形サイズの洗面化粧台を選びましょう!まずはスタンダートタイプなのか、システムタイプなのか考えましょう!きっとお住まいに合った形が見つかります。

施工事例一覧はこちら
お問合せはこちら
対応エリアあこちら